一本化に最適な借入先

複数ローンを一本化して現在の状況から抜け出したいと考えたとき、多くの方が悩むポイントに借入先が挙げられます。そこで、借入先は利息の軽減を最優先にして選ぶようにしましょう。つまり、現在利用しているローンより低い金利で一本化できるローンを選ぶ必要があるということです。なお、複数ローンの場合はローン毎に金利が異なるケースがあるため、加重平均金利といって、現在借入しているローンの平均金利より下回る金利のローンを選ぶことになります。

金融機関選ぶべきローンを抑えたところで次に悩むのがローンを組む金融機関でしょう。複数のローンを一本化するには消費者金融の借り換えやおまとめローンといったキャッシングサービス、もしくは、借り換えに利用可能な銀行のカードローン、使用目的が自由なフリーローンのいずれかを選ぶ必要があります。近年では、低金利で限度額が高い銀行での一本化が主流でしたが、審査が厳しい、システム上ローンの残高の減少に伴い返済額が下がるため、結果的に総債務額が多くなってしまったなどのデメリットも挙げられています。しかしながら、過去の返済に滞納や延滞がなければ、審査はクリアできる可能性が高く、システム上の問題に置いては返済額を最低返済額以上返済することで、利息を節約できる可能性は高くなります。このことから、借入先を選ぶ際は、銀行と消費者金融のいずれにせよ、あらゆる側面を考慮し、それぞれの特徴を理解したうえで最適な借入先を選ぶ必要があります。