ローンの一本化

複数のローンを抱えると、返済先が多いことから月々の管理が難しく返済を怠ってしまうリスクが生じるほか、返済額が大きいことで生活が苦しくなるなどの深刻な状況に陥りやすく、債務者の悩みは尽きません。そんな時は、複数のローンを一本にまとめることができる借り換えやおまとめローンといったキャッシングサービスを利用することを検討しましょう。月々の支払額が減らせる、あるいは、総債務額が大きくなることで金利が低くなる、あるいは、現在借入している金融機関よりも金利が低ければ支払額を減らせるなどのメリットがあります。

ローン例えば、A社で20万、B社で30万円借入していたとしましょう。A社の最小返済額(金融機関や借入残高により変動)が9000円、B社の最小返済額が8000円だとします。そこで、借り換えやおまとめローンを利用し、最小返済額が1万円のC社で50万円を借り入れたとすると、以前よりも7000円返済額が減ることで負担を軽減することができます。

次に、総債務額が100万円を超えている複数ローンがあり、なおかつ、それぞれの金融機関の金利が15%を超えていたというケースにいつてみてみましょう。利息制限法により「100万円以上を貸し出す場合の上限金利は15%まで」と定められていることから、キャッシングサービスにより一本化することで、金利を15%以下に下げることができます。このように、ローンの一本化は状況次第で債務者の負担を軽減できる可能性があります。効率的に返済できる方法の一つとしてローンを一本化できるキャッシングサービスも視野に入れてみてはいかがでしょうか。